経営力向上コラム
経営力向上コラム
経営者の必須科目!与信管理とは?? (4)
~ 保証のすすめ!!~
情報掲載日 2017年05月02日
アラームボックス 未回収リスクゼロ。販売戦略で差別化。企業取引に欠かせない【売掛保証】


アラームボックス株式会社
審査部長 高見 真佐彦(タカミ マサヒコ)

前回までの話の内容をおさらいしてみます。

第1回では、正常な現金取引が続いていてもそれだけでは掛取引に移行するのは
難しいこと、第2回では与信管理の王道は財務分析だが、年1回の成績表でその後
1年に渡って与信管理するには鮮度の問題が大きいこと、そして第3回では発生した
信用情報の内容に基づいて企業評価の妥当性を常に更新していかなければならない
ことをお話ししました。

さらに、入手した信用情報(不芳情報)が信用悪化のシグナル(信号)なのか、
悪質なデマ=ノイズ(雑音)なのかを吟味する必要があるというのが結論でした。
根拠のない情報・うわさが相当程度混在している状態だからです。


【保証利用で与信管理のアウトソーシング】
なにやら混乱して、自社では無理だなとご心配ではありませんか?
ではどのようにすれば、安心できる企業取引と、事業に集中できる環境が手に入るのか?
もちろん与信管理も重要な事業の一部ですが、中小企業やスタートアップ間もない
ベンチャー企業の方々にとっては重荷です。

ズバリ解決策は、保証を利用することです。アラームボックスの保証を利用することで
解決できます。私たちは、保証をご利用いただいたお客様とともに、お客様の売掛先の
与信管理することが仕事だからです。

保証のご依頼を受けると、まず売掛先の審査をします。売掛先の評価はどの程度が
妥当だろうか、過去に悪い情報は出ていないかを徹底的に調べます。そして、結果を
保証可能額(私たちがお引き受けできる限度額)としてご回答します。合わせて
頂戴する保証料も提示しますので、ご心配の程度とコストを比較していただき、
利用するかしないかを決めていただきます。ただ、ひとたび保証利用を開始すれば、
少なくとも保証額までの売掛金については与信管理の手間から解放されるわけです。

他方、保証ができないとご回答申しあげたときはどのようにすればよいでしょうか。
与信管理のプロである私たちが、警戒してはというシグナルを発しているわけですから、
今一度、取引条件等の見直しのきっかけとしていただきたいと考えます。


【売掛保証のスタンダード~セキュアボックス】
私たちはこの保証を「セキュアボックス」という商品でご提供しています。
また、ご利用のシーンに応じて2つのサービスプランをご用意しています。

まず、プラン①はリーズナブルな料金で売掛先に幅広く保証をかけたい場合におすすめです。
保証額にかかわらず固定料金で利用可能で、保証対象取引先の入替も追加料金なしのプランです。

他方、プラン②は心配な先がある程度ハッキリしている場合のプランです。したがって、
新規取引は1社から、既存取引は3社からと少ない売掛先数でご利用が可能です。また、
審査承認率も高く、ご利用期間は最短1ヵ月の利用も可能なプランです。


【Fintechで変わる未来】
皆さんもご存じの通り、このところのいわゆるFintechの進展は目覚ましいものがあり、
消費者の情報発信によるビッグデータの蓄積、API等によるデータ連携の普及、それらを取得・
解析する機械学習等の技術、スマートフォンの浸透などにより、金融サービスの内容、料金、
品質、提供方法などは劇的に変化しつつあります。

これから、私たちアラームボックスは「売掛保証」で培ったリスク評価技術にこのFintechを
マリアージュして、今までにない信用リスク判断のアルゴリズムを用い、企業にとって不可欠な
リスク管理にフォーカスしたサービスを開発し、取引に関わる人々がリスクや不安から解放され、
前向きに楽しく事業に取り組めるような環境をつくっていくことに精進していきます。
アラームボックスの今後にもご期待ください。


経営者の必須科目!与信管理とは??(1)
経営者の必須科目!与信管理とは??(2)
経営者の必須科目!与信管理とは??(3)


※当ページのコラムの内容は無料のBOSS会 News(メールマガジン)でも
 お届けしております。ご興味がある方はご登録頂けたら幸いです。



アラームボックス株式会社 審査部長 高見 真佐彦
アラームボックス株式会社 
審査部長 高見 真佐彦(タカミ マサヒコ)

■プロフィール
1983年一橋大学経済学部卒業。同年、現三井住友銀行に入行。
中小、ベンチャー企業の保証リスクを引受けるため、個社の
審査実務からポートフォリオ管理、データマイニング技術等を
駆使した審査アルゴリズム開発まで 幅広い実務に精通した
プロフェッショナル。2012年株式会社トラスト&グロース
審査部専門部長を経て、2016年より現職。


本コラムに関する問い合わせ先
【BOSS会運営事務局】(担当:渡辺)
MAIL : support@bosskai.net
TEL :03-6427-1437
◀︎前のページへ戻る

▲このページの上へ戻る